LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:3262 最後に更新した日:2020/05/04

難しいそうだけど、始めるのは意外と簡単なんです!

配信、配信って最近よく聞くけど、実際にはよく分からないって人多くないですか?

恥ずかしながら筆者自身も概要はしってましたが、実際に何をどうやって始めるのか分かっておりませんでした。人様にご説明をするにはまず実際にいろいろやってみないとね!ということでここ数週間試行錯誤致しまして、何パターンかの方法をご提案できるさせて頂きます!

 

実際に配信を一番シンプルにやろうと思うと、大体の人が持っているスマホと配信サービスのアカウント(無償可能)のみでOKです。著名なメンタリストのDaigoさんの配信とかは正にこのスタイルですね。何かを一つのものを写しながらトークを中心にする場合はこれでも充分です。もちろんこの時点で、何かしら機材(USBマイクとか)を足してマイクのクォリティを上げることは可能です。

まずはここから!

録画して編集後にUPするパターンとLIVE配信(リアルタイム)パターンがありますが、 とりあえずLIVE配信パターンで話を進めさせて頂きます。

 

まずここから以下の様なニーズを設定し、少しだけアップグレードしてみましょう。

 

・映像を2つのカメラで写して、切り替えたり混ぜたりしたい(Picture in Picture)

・マイクと音源を繋いで歌や演奏をスマホ内臓のマイクよりも高音質化を図りたい。

 

スタッフお薦めの機材:Roland/GO:LIVECAST

https://www.roland.com/jp/products/golivecast/

自分の演奏等をシンプルかつ機能的に配信したい:1〜2人くらいの少人数対応出来るシステムです。

 

GO:LIVECASTには以下の端子やボタンがあるので、これ1台でかなりシンプルかつ機能的なことが出来てしまいます。

Mic in:ファンタム電源も搭載しているのでコンデンサーマイクも使用可能です。

 

Line in:ステレオミニ端子で様々な外部音源を取り込めます。別途ミキサー等でまとめた音声をここに繋ぐのもありですね!

 

Headphone out:言葉通りヘッドホンのアウトですが、ヘッドセットマイクを繋いで使用することも出来ます。その場合、ヘッドセットマイクが優先されるので,Mic inは使えなくなります。

 

個人的にはこの次が結構すごいと思いました。(ちなみに専用のGO:LIVECAST APP使用時のみです。)

 

て韻WIFI環境下にある別のスマホ(iPhone,iPad,Andoroid等)を2台めのカメラとして使用可能です。つまり2台のカメラで写した映像を切り替えたり、メイン画面の中に重ねて表示することが出来ます。例えば、iPadをメインカメラとして自分などを写し、iPhoneをサテライトカメラとして製品のアップやパートナーの撮影に使うなどかなり凝った事が出来ます。昨今のスマホやタブレットのカメラの性能はかなり高いので、無理して別途カメラ等を用意しなくてもOKです。

 

<Mainカメラの画像:iPadで撮影>

 

<サテライトカメラの画像:iPhoneで撮影>

この2つ画像を1画面にするとこんな感じです。(すいません。撮影中に別スタッフが入り込んでしまいました。)

画像の位置はそこまで自由ではないですが変更可能です。

 

イ修梁勝効果音(拍手、BGM等)やテロップ(画面に出したい文字)等も専用のボタンひとつでコントロール可能です。もちろん、それぞれの項目はアプリ内で編集可能なので、ますます自分仕様の環境が簡単に作成できます。

 

実際にやってみよう!

さて、ここまでは本体とAPPの機能の説明でしたが、早速実際に配信してみましょう!

いろいろ試した結果、一番簡単なのはFacebook Liveでした。(誰もがすぐに思いつくYoutubeのLive配信は意外と必要条件がいろいろありまして、すぐに出来る人はかなり少ないです。)もちろん、この手のアプリは各社各様に発表されてるので、慣れたらご自身のニーズにあったものをお選び頂ければと思います。

 

「GO:LIVECAST APP」内の配信のボタン(東京タワーみたいなボタン)を押すと、どのサービスで配信するかを選ぶことになります。 ここで「Facebook」を選択し、自分のアカウントと紐づけをする為の項目が何個かあり、それを完了すれば準備完了です!

 

ちなみに設定(歯車のマーク)の画面にある「録画モード」をオンにすると配信ではなく録画になります。 後から、声や音の追加、動画の編集等をしてから公開したい場合も対応できます。

今回、実際にやってみたら諸々かなり簡単でしたので、まずは実際に触って見るのをお薦めします。実際にやってみると必要なものやお悩みなどいろいろ出てくると思いますのでお気軽にご相談ください。店頭にも様々なデモ機のご用意もあるので、実際に試してみたい方もお気軽にご相談ください。

 

次回は、人数や楽器の数が増えた場合やゲームの実況の配信の方法に触れて行きたいと思います。

 

製品・販売価格一覧

ROLAND/GO:LIVECAST ¥27,500(税込)

 

 

 

友だち追加

お問い合わせフォーム






  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10