オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:3015 最後に更新した日:2019/04/25

【RPMな日々シリーズ】と題しまして、お店のいろいろな出来事をご紹介していきます!

 

Vol.1では「for クリエイター」がコンセプトの1F、Vol.2では「for Recording」がコンセプトの2Fをご紹介して来ましたが、こうしている間にも若干のレイアウト変更やラインナップの変更は行われていたりします。

 

さて、今回のVol.3は「モニタースピーカー試聴コーナー」編です。移転する前はすぐ近くにギターの試聴コーナーがあったり、スタッフの通路の近くにあったりと、正直今思えば試聴コーナーとしては粗雑な、、、

 

 

ということで、移転を決めた時からこの辺をスピーカーコーナーにしようかなと、机上の空論を繰り返しておりましたが思い切った工事を入れられることに一気に計画が進みました。

 

その思い切った工事というのが、現在の建物(宮地楽器ANNEXビルといいます)は、なんと4Fまで打ち抜きの空洞がありまして、簡単に言うと、後からエレベーターを付けれるスペースが壁に囲まれていました。これは勿体無いというこで、今回のタイミングで周りの壁を撤去し、1Fと2Fに床と天井を作ることでスペースを広げることに決定しました。

 

そんなこんなで図面上ちょうどいい小部屋感もあり、ここで確定と測定をしてみたら、、、、、、、というか測定しなくても近づくだけで分かるスーパーライブ感で普通の会話もワンワンしちゃう始末です。そりゃそうですよね、上下は空洞であり、壁はベニヤしかも長方形の小部屋です。スタートとしては最悪な方です。

 

でも、ここまで想定の範囲内です。ここを試聴コーナーにしようとしたときから「どうせなら新しいことをしよう!」という意図があったので、海外も含めいろいろ情報を調べたところ、EDM系セレブのスタジオでみるオシャレな吸音材を発見し、しかも日本の代理店は決まってる(※2019.1月時点は未発売)ということで、お得意のご相談です(笑)

 

その商品はといますと、MI7さんから近日発売開始予定の「Vicoustic」(https://www.vicoustic.com/)という会社の製品になります。ということで代理店であるMI7さんのご協力のもと、このなかなかなスタート地点の小部屋をどこまで磨き上げられるかの挑戦の日々が始まりました!

 

測定システムにはGenelecのGLM Toolを使いました。まずは何もない状態の測定結果はこちらです。

 

赤が元データでGLMのお家芸の補正をかけると緑くらいにまで整うよっていうイメージで見てください。測定結果を目で見るよりも実感の方が数倍やばかったです。

 

日本でもスタートするかは未定ですが、部屋の大体の寸法と材質、写真等を送ると、必要な枚数や配置を提案してくれるVicoustic社の本国のサービス(有償)を利用してみました。結構大体な情報を送りましたが、プリントすると7〜8枚にはなりそうなレポートとお薦めのレイアウトとラインナップの組み合わせが送られて来ました。

 

後はそれを元に壁に貼りまくりです!

 

見た目もいい感じになってきましたね〜!この時点での計測結果はこちら!

 

200hzより下は天井高の関係もあるのですが、かなりスキッリときれいな結果になりました。ちょっと吸いすぎかなとも思いましたが、音的に破綻してなかったなのでこのまま進めます。

 

やはり床下が空洞ということもあり、この低音はそう簡単には処理できないだろうということで、ベーストラップを中心に追加して行くことにしました。

 

これは悪ふざけで余った分を全部おいてみましたが、特に効果はありませんでした。まあ、低音を吸うにはもう少し厚みが必要ですね。余計なモノを外してベーストラップを2枚追加します。

 

実験を重ねると、これくらいがちょうどいい感じでした。ということで、しばらくこれで行きます!

(もしかしたら、後1個だけベーストラップを増やすかもしれませんが、、、)

 

個人的な感想はこの部屋に入ると室温が1度下がるような静けさを感じます。見た目だけでは吸音のし過ぎじゃないって言われそうですが、実際に音のリリースが長い低音が入ってたり、パンが凄く動く楽曲を聞いてみるとニンマリです。感想は皆様に体感してもらうのが一番だと思うので、是非宮地楽器RPMの店頭の方でお試しください。

 

いくらでも上がある世界なのですごい素晴らしいとはいいませんが、元の環境からは想像以上のグレードアップです。もちろん値段差も大いにありますが、過去の吸音材達は何をしていたんだろうってくらいの効果ですね。カラーバリエーションも豊富なのも魅力です。つまり、皆様のモニター環境が一気にグレードアップする可能性を秘めてますね〜!ちょっと商売感を挟んでみました(笑)

 

 

販売がスタートしたらまた改めてご紹介させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム






  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10