LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:3262 最後に更新した日:2020/05/04
この記事は2015.01.24 Saturdayに書かれたものです。
なんとブログエンジンの限界文字数を超えてしまった「作曲家の瀬川英史さんとの機材長話 at LA」Vol.2です。

Vol.1はこちらから

澤田(以降、澤):それでは、最近買ったものの話に移ろうかなと思います!


瀬川さん(以降、瀬):

Linn Instrument(http://www.rogerlinndesign.com/linnstrument.html)かなぁ。Protoolsの苦手なリズムの打ち込みとがかなりし易いんだよね。

最初に発表が合ったのは2年前だから、だいぶゆっくり作ってるんだよね。最初の十数台はサンフランシスコの郵便番号を持ってる人だけに売って、その後の30台をカリフォルニア州のアドレスを持ってる人だけに売って。少しずつ作ってるから、日本にデリバリー出来るように…なるかは、分からないなあ。


澤:なるほど。


瀬:最近はさっきのPMCとこれくらいかなあ。


澤:最近気になってるものとか、欲しいものとかってあります?


瀬:まあ、明日からのNAMMで見つけようかなー(笑)そういえばコントローラー系って日本はあまり好きじゃないよね。


澤:やっぱり部屋が狭いですからね。


瀬:あれは?Push(http://www.h-resolution.com/ableton/Push.html)って売れた?すごく良く出来てると思うけど。

澤:それなりに売れてますよ。


瀬:あれがなかったらここまでLive使ってなかったと思う。本当に良く出来てるんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澤:海外になかなか出て来ない日本人クリエイターに伝えたい事とかって、なにかありますか?


瀬:うーん、あんまり旅行せずに海外に出たいっていうクリエイターの人もいるけど、まずは旅行からかなあ。国が違うと人の考え方も全然違うからさ、まずはそこを感じることが重要だと思うんだよね。


後は何をしたいかにもよるよ。俺は日本人的なところを期待されていないところに飛び込もうとしているから難しいけど、例えば日本オリジナルの三味線が海外の何処かでニーズがあるんだとすれば、日本人が三味線を弾くって事自体がイメージ的にもそもそも圧倒的に有利だから、海外に出やすいと思う。一部のアメリカ人はまだ日本人が全員カラテとかが出来ると思ってるからね。


澤:笑


瀬:うちらがアフリカ系アメリカ人を見ると、こいつらラップが出来るんじゃないかって思っちゃったりするじゃん?それと同じような意味で日本のそういう部分のイメージを有利に使えればいいよね。ま、イメージの話はともかく、やっぱりオリジナリティがないとダメなんだよね。


澤:外人の寿司職人の寿司が、美味しいと感じ切れるのかな、ってところですかね。


瀬:そこが大事、って訳ではないけど、うまくそこに乗っかれる職業の人は有利だって事は言えると思うなあ。日本人でも僕みたいな裏方の人と、アーティストの人でも違うと思うし。例えば、同じアメリカの映画の仕事をするにしても日本人の役は日本人、または少なくともアジア人じゃないと役にならないわけでしょ?でも日本風の音楽をスコアリングする必要があっても作曲家が日本人である必要はないという事なの。そこで大事なのは「アメリカ人が感じる日本風の曲」を書けるかどうかってことなの。そういう難しさはあるよね、僕のような職種の場合。


澤:僕はもう大体こんな感じですけど、神山は聞いてみたい事はあるの?


神:アメリカに来てからご自身の音楽性みたいな部分が変わったかどうかって事なんですけど、例えば環境が違えば周りで鳴ってる音というかサウンドスケープが全然違うじゃないですか。鳥の声が違ったり波の音が違ったり街の音が違ったりとか、そういった日本にない部分を肌身で感じるという事は音楽性にも影響を与えるのかなって。勝手な想像ですが、それを求めてアメリカに、なんて事も思ったりしてます。


瀬:例えばロレックスのCMのコンペ勝ったり、中国のテレビ局の音楽のコンペで勝ったりはできたけど、逆にメキシコのデオドラントのCMでコロっと負けたりとか、あとアメリカのボディソープのCMでコロっと負けたりとか、生活にその商品が密着すればする程まったく歯が立たなくなるのね。やっぱり暮らさないと分からない空気感というか、そういうの大きいよね。現地の人の無意識な共通認識みたいなものがわからないだよね。


澤:あー、なるほど。


瀬:だからそういうのを求めて、っていうのはある。勝った音楽を俺が聴いて、あ〜これは俺には絶対作れない!っていうのなら良いんだけど、「こんなんなら俺も作れるなー」とは思ったりしたり…でも実際それが出て来なかったって事だから。そこはこちらの生活を知らないせいというか…。その商品のイメージとか何を訴求するべきかが良く分かってないって事だよね。


神: 技術やセンスなど音楽的部分がどうこう、というよりは文化への理解が深まった事によって変化が現れた、と。

瀬:まぁ、逆の意味で、それは日本も同じじゃん。特にここが売り!みたいな表現がない、イメージ先行のCMとか日本は多いけどさ。あれって外国人には意味不明だけど日本人同士なら共感したりできるわけだからさ。


澤:そうですね。


瀬:東京に居た時も海外の仕事はしてたんだけど、やっぱりそういう生活感を体験するのが必要だと思ってこっちに来ました的な感じはやっぱりあるよ。こっちのテレビを見たりする時間も増えたから、そこから得るものは多いよ。


澤:先日、海外在住のエンジニアの方とのお話でも出てきたんですけど、「昔のコメディやローカルネタを知らないと辛い」という話をしてましたよ。それを知らないとなかなか仲良くなれないみたい。


瀬:あとはコメディアンの決め台詞とか、ジョークとかさ。


澤:そうそう、それで最初は苦労したって言ってましたね。未だに分かんない事もあるとか。


瀬:ねえ、せっかく来たんだからそろそろ遊びに行こうよ(笑)


澤:ですね!何か面白いとこあるんですか!?行きましょう!

と、こんな感じで約1時間以上機材談義をし、この後も瀬川さんとのLAドライブしながら機材談義はまだまだ続きました(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<あとがき>

瀬川さんと初めてお会いしてから早10年と、少々長いお付き合いをさせて頂いておりますが、失礼ながらも年々若返られているというか、好奇心の塊の様な笑顔も10年前と何一つ変わらないどころか、遂に昨年日本を飛び出してしまわれました(笑)


お会いする機会が減ってしまうかなと思いきや、「あれって音聞いた?」って、前日の晩に発表された様な最新情報をLINEが届くアクティブさには頭が下がります。


クリエイターの皆さん、僕が普段感じている刺激を少しはお届け出来たでしょうか?(笑)業界の大先輩の背中はどんどん先に行ってしまいます!皆さんも貪欲な程の好奇心で頑張りましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<オーダメイドの作業デスク>

こちらの机は、Beijer workstation(https://m.facebook.com/BeijerWorkstations?refsrc=https://www.facebook.com/BeijerWorkstations)と言うオーダーメイドの工房に作成を依頼したそうです。鍵盤はDOEPFER(http://www.doepfer.de/home.htm)製の物をご使用中です。


<DESK右側:シンプルかつハイエンドなモニタリングセクション>

上から

・ANTELOPE AUDIO/TRINITY(マスタークロック)

・GRACE DESIGN/M904(モニターコントローラー兼ヘッドフォンアンプ)

・BRICASTI/M7(リバーブ)

・ULATRASONE/EDITON 8(ヘッドフォン)


写真中央に見える2台のMacProの他、机の裏側に複数台のMacProとMADIシステム(システムに関しては冒頭の図を参照下さい。)


<I/O Rack>


<愛猫のラウちゃん>
サムネイルの正体はこの子でした〜!可愛いですね〜!


担当/澤田、神山 
友だち追加

お問い合わせフォーム






  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10